【副業せどり】こんな場合はFBA合わせ

「せどり〜らんど」へようこそ。

 

こんばんは、現役SE副業せどら〜のウルフです。

 

価格改定時の参考に!

 

では、ご覧ください!

 

072-stuff_free_image

 

今日は具体例を上げて価格改定の設定方法をお伝えします。

 

私はプライスターを使用して価格改定を行っています。

 

その設定は基本的にはFBAの最安値合わせにしています。

 

これはどういう設定かというと、自己配送の出品者を無視して、FBAの出品者の中で一番安い金額に合わせるという設定です。

 

 

これには2つほど理由があります。

 

1つ目は、自己配送に比べてFBAの方がカートを取りやすい。

 

これは自己配送よりも少しくらい高くてもカートが取れてしまいます。

 

最安値よりもカートを取っている方が売れると言われています。

 

たとえばこんな商品ですね。

 

ice_screenshot_20160726-224420

 

カート価格は35000円です。

 

ここから、詳細を見てみると、

ice_screenshot_20160726-224732

 

最安値は33700円+送料340円の34040円です。

 

カート価格と最安値の差は960円ですね。

 

これくらい価格差があってもカートが取れています。

 

これを単純に最安値に合わせてしまうと、せっかく取れた利益が取れませんね。

 

これは勿体無いです。

 

 

 

2つ目は、少しくらい高くても早くほしい場合に売れる。

 

カートは下記のように自己配送の出品者が取っています。

ice_screenshot_20160726-225426

 

詳細をみると、

ice_screenshot_20160726-225506

 

新品商品の1ページ目には自己配送の出品者のみでした。

 

2ページ目にいくと、やっとFBAの出品者が表示されます。

ice_screenshot_20160726-225751

 

このような場合でも実はFBAで売れます。

 

これは実際に私が売った商品ですが、

 

最安値は33400円でした。

 

が、FBAで出品していた38500円で売れました。

 

その差額5100円です。

 

さすがにここまで価格差があると販売速度は遅くなりがちです。

 

が、Amazonからの発送がよい場合や早く欲しい購入者はFBAの出品者より購入します。

 

こういった心理を利用した戦法ですね。

 

 

 

最安値ではなくてFBA最安値に合わせて利益の最大化を図りましょう!

 

 

今回は以上となります。

 

それでは、今日も明日もプラス思考でいきましょう!

他の方のせどり情報はこちらから! にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

おすすめツール!
プレ値検索ツール「せどぷれ」
出品・価格改定・売上管理はおまかせ「プライスター」

コメントを残す

サブコンテンツ

ブログについて


せどり〜らんどへようこそ!
現役SE副業せどらーのウルフです。

基本的にせどりについて書いています。
その他の稼ぐ手法も模索中です。
現在は副業でせどりをおこなっていますが、独立を目指しているので独立するまでの道のりも書いていきたいと思っています。

せどりーらんどをよろしくお願いします(^^)

詳しいプロフィールはこちら
お問い合わせはこちら

月商報告

2015年
2015年 9月 ¥132,576
2015年10月 ¥497,189
2015年11月 ¥561,367
2015年12月 ¥833,999
2016年
2016年 1月 ¥444,540
2016年 2月 ¥301,860
2016年 3月 ¥422,300

アーカイブ

このページの先頭へ