【せどり】本の出品方法には注意

本の出品方法には注意

プリント

「せどり〜らんど」へようこそ。
こんばんは、現役SE副業せどら〜のウルフです。

 

以前してしまった失敗があります。
では、ご覧ください!

新品本は

実は

新品本は定価でないと出品してはいけません。

 

これは、

著作物の再販制度(再販売価格維持制度)とは、出版社が書籍・雑誌の定価を決定し、小売書店等で定価販売ができる制度です。

 

法律で決められていて勝手に値段を変更して売ることができないようです。

高くも、安くも売ることができません。

たしかに、どこの本屋に行っても定価ですよね。

 

どんな失敗をしたのか

以前、バーゲンブックを仕入れました。

(あれ、バーゲンブックはいいのかな・・・)

 

定価より7割引きくらいで売っていました。

それを仕入れてFBAに納品して出品していました。

 

値段を下げて・・・

 

気が付くと出品停止になっているではありませんか。

 

これは、先ほど書いたように、新品本を定価ではない価格で出品したためでした。

 

結局この本は、定価でないと出品できず、しかも定価ではなかなか売れなかったため、

一度返送をかけました。

 

定価ではない価格で売るには

定価以外で売るには、

ほぼ新品

で出品する必要があります。

ほぼ新品であれば、新品には当たらず、定価でなはい価格(定価以下、定価以上)で売ることができます。

 

なので、安く売りたい場合、プレ値で売りたい場合は必ず

ほぼ新品

で出品しましょう。

 

あとがき

ということで、出品時は気をつけてくださいね。

出品停止になってしまいますよ。

やってみて分かることもありますが、頭の片隅に入れて置いてくださいね!

 

 

今回は以上となります。
それでは、今日も明日もプラス思考でいきましょう!

他の方のせどり情報はこちらから! にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

おすすめツール!
プレ値検索ツール「せどぷれ」
出品・価格改定・売上管理はおまかせ「プライスター」

「せどり〜らんど」へようこそ。
こんばんは、現役SE副業せどら〜のウルフです。

では、ご覧ください!

あとがき

今回は以上となります。
それでは、今日も明日もプラス思考でいきましょう!

他の方のせどり情報はこちらから! にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

おすすめツール!
プレ値検索ツール「せどぷれ」
出品・価格改定・売上管理はおまかせ「プライスター」

コメントを残す

サブコンテンツ

ブログについて


せどり〜らんどへようこそ!
現役SE副業せどらーのウルフです。

基本的にせどりについて書いています。
その他の稼ぐ手法も模索中です。
現在は副業でせどりをおこなっていますが、独立を目指しているので独立するまでの道のりも書いていきたいと思っています。

せどりーらんどをよろしくお願いします(^^)

詳しいプロフィールはこちら
お問い合わせはこちら

月商報告

2015年
2015年 9月 ¥132,576
2015年10月 ¥497,189
2015年11月 ¥561,367
2015年12月 ¥833,999
2016年
2016年 1月 ¥444,540
2016年 2月 ¥301,860
2016年 3月 ¥422,300

アーカイブ

このページの先頭へ