SKUの付け方

SKUの付け方

「せどり〜らんど」へようこそ。
おはようございます、現役SE副業せどら〜のウルフです。

今日はAmazonに出品するときに必要になるSKUの付け方について解説しようと思います。

 

SKUとは

SKU とは「stock keeping unit」の略称で、出品者用の商品管理IDです。 SKUは数字やアルファベットを使って自由に設定することができます。最大文字数は40バイト(全角13文字)です。ただし、これから出品する商品と、す でに出品している商品のSKUが重複することのないように、個別のIDを割り当ててください。

※Amazonヘルプより

つまりは、出品者が自由につけれる管理番号ということです。

 

被らないようにすればどのようにつけてもよい番号なのですが、この番号を出品時の自動で振られる番号やただの連番で振ってしまうのはもったいないです。

 

なぜかと言うと、SKUを利用してさまざまな情報を埋め込むことができるからです。

 

40バイトなので、半角で40文字まで使用できます。

この40文字の中に仕入れ日や仕入れ金額などを入れちゃいます。

そうすることで、ぱっと見た時にこの商品はいついくらで買ったか分かるからです(^^)

 

ちなみに私は、

 

仕入れ日その日の連番仕入れ金額

 

でSKUを振っています。

 

仕入れした日に同じ金額の商品があったらSKUが被ってしまうので、連番を振るようにしています。

 

また仕入れ金額に関しても金額の頭にダミーの番号をつけています。

例えば仕入れ値1080円の場合は91080のようにしています。

 

これにはちょっとした理由があります。

SKUは納品書に印字されているので、ただの1080とつけてしまうと感のいい注文者だと「あれ、元値1080円なんじゃないか」と思ってしまうかなと・・

まぁあまり気にしなくていいかもしれませんが、私はこういった小細工をしています。

 

あ、注意点もあります。

同じ商品でSKUを分けることが禁止されています。

もちろん、状態が違う場合は分けて出品してくださいね。特に中古の場合ですね。

仕入れ日が違うとSKUが分かれてしまうので、注意して下さい。

 

私は、最初に最初につけたSKUにしています。

みんなどうしているのか気になるところです。

 

あとがき

SKUも人それぞれなので、どのようにつけてもいいかと思いますが、利用できることは利用して少しでも効率化につなげてくださいね!

 

 

今回は以上となります。

それでは、今日もプラス思考でいきましょう!!

コメントを残す

サブコンテンツ

ブログについて


せどり〜らんどへようこそ!
現役SE副業せどらーのウルフです。

基本的にせどりについて書いています。
その他の稼ぐ手法も模索中です。
現在は副業でせどりをおこなっていますが、独立を目指しているので独立するまでの道のりも書いていきたいと思っています。

せどりーらんどをよろしくお願いします(^^)

詳しいプロフィールはこちら
お問い合わせはこちら

月商報告

2015年
2015年 9月 ¥132,576
2015年10月 ¥497,189
2015年11月 ¥561,367
2015年12月 ¥833,999
2016年
2016年 1月 ¥444,540
2016年 2月 ¥301,860
2016年 3月 ¥422,300

アーカイブ

このページの先頭へ